事業用操縦士の免許 

ヘリコプターを操縦する仕事に就きたい場合は、事業用操縦士の免許が必要となります。これは自動車免許の第二種に当たるもので、この免許を取得することで事業パイロットとして働くことができるのです。また、自家用操縦士免許とは違い、海外で取得した免許を国内で書き換えることはできません。

操縦士事業用操縦士免許があれば、海上保安庁や国土交通省などの官庁で働くことができますし、民間であれば、ドクターヘリや物資の輸送、報道や遊覧飛行などの職に就くことができます。また、取得の条件ですが、総飛行時間が150時間以上、機長時間が35時間以上、野外飛行が10時間以上などがあります。その後、学科試験や口述試験、実技試験などを経て、事業用操縦士免許の取得となるのです。

このように事業用操縦士の免許を取得するには、まずは自家用操縦士の免許を取得し、その後、日本で事業用操縦士に向けて訓練を行っていくわけです。そして自家用、事業用共に、医療施設などでの検査や身体的な条件をクリアする必要があり、需要がある割には、成り手が少ない職業と言えます。ただ、一つの間違いが大きな事故に繋がるのがこの操縦士という仕事です。訓練や勉強とともに、人間性も磨いていく必要性があるのです。

関連HP|へリコプター・飛行機の操縦士免許・パイロットライセンス・機体販売:アルファーアビエィション

自家用操縦士の免許

縦横無尽に空を飛びまわるヘリコプターを見て、ぜひ操縦してみたいという人も多いことでしょう。ヘリコプターを操縦するには、当然、免許が必要となります。そして、この免許もプライベートで操縦するための自家用操縦士免許と、仕事で操縦するための事業用操縦士免許があるのです。

免許自家用操縦士免許があれば、自分一人で大空を飛び回ることができます。もちろん、個人の趣味の範囲内でということになりますが、機長という立場でフライトできるのです。自動車で例えると、この免許は「普通自動車第一種免許」にあたるもので、この免許では商業用のヘリコプターは運転できませんし、航空会社にパイロットとして就職することもできません

この自家用操縦士免許を取得するには、まずは単独飛行が10時間以上であること、そして野外飛行が5時間以上、同乗教育飛行20時間以上が条件となります。また、野外飛行では、180キロ以上の飛行距離と、さらにその途中に2回以上の着陸が必要です。取得までの流れとしては、一般的にはアメリカで海外ライセンスを取得し、その後日本で書き換えを行います。ただし、法規の試験には合格する必要がありますので、無条件に書き換えということにはなりません。

ヘリコプターの仕組み

災害時や、報道取材、あるいは人命救助に物資の輸送など、様々な場面で活躍しているのがヘリコプターでしょう。このヘリコプターが飛行機と大きく異なる点としては、いわゆるホバリングができることです。ホバリングは、ヘリコプターに働いている4つの力のバランスによって成り立つ技術です。

ヘリコプターヘリコプターに働く4つの力とは、まずはヘリコプターを植えに浮き上がらせようとする力です。これを揚力と言います。次に、逆にヘリコプターを下に引っ張ろうとする重力があります。そして、前に進めようとする推力と後ろに引っ張ろうとする抵抗があり、この
4つの力のバランスによって、ヘリコプターは上昇、下降、前進、後退、そしてホバリングすることができるのです。これがヘリコプターの仕組みとなります。

このヘリコプター特有の機動性により、ヘリコプターはあらゆるシーンやケースに対応でき、飛行機では不可能な場所での離着陸も可能となるのです。こうした一見簡単そうに見えるヘリコプターの操縦ですが、4つの力をきちんと理解、把握する能力が必要で、そしてレバーやスティック、ペダルなどを両手両足を使い、機体をしっかりと空中で安定させる高度な技術が必要となるのです。

ヘリコプターの操縦免許

大きな空を縦横無尽に飛び回ることができるのが、ヘリコプターの大きな魅力の一つです。前にも後ろにも、そして空中で止まることもできるのです。このヘリコプター特有の動きは、ヘリコプターに働く4つの力のバランスを利用して可能となるものです。このバランスを自由に操るには、熟練の技が必要となります。

ヘリコプターヘリコプターを操縦するには、自動車と同様に免許が必要となります。そして、ヘリコプターにも、プライベートのみで適用される自家用操縦士免許と、ドクターヘリや遊覧飛行など仕事として操縦できる事業用操縦士免許があり、これも自動車で言うところの第一種と第二種ということになります。ヘリコプターのこれらの免許を取得するには、国内で訓練を行い免許を取得するものと、海外で訓練を行い、その後日本でその免許を書き換えるものがあります。ただ、この海外での免許ですが、書き換えが可能なのは自家用のもののみで、事業用は不可となっています。

自家用操縦士免許を取得するには、一般的にアメリカなどの海外で取得後、日本で書き換えということになります。もちろん、法律が違いますので、日本での法規の試験を受けなければいけません。事業用操縦士免許の場合は、自動車の第二種と同じで、まずは第一種に当たる自家用操縦士免許が必要となります。この免許を持った上で、さらに事業用の試験を受けるわけです。このサイトは、こうしたヘリコプターの免許取得方法について説明します。