事業用操縦士の免許 

ヘリコプターを操縦する仕事に就きたい場合は、事業用操縦士の免許が必要となります。これは自動車免許の第二種に当たるもので、この免許を取得することで事業パイロットとして働くことができるのです。また、自家用操縦士免許とは違い、海外で取得した免許を国内で書き換えることはできません。

操縦士事業用操縦士免許があれば、海上保安庁や国土交通省などの官庁で働くことができますし、民間であれば、ドクターヘリや物資の輸送、報道や遊覧飛行などの職に就くことができます。また、取得の条件ですが、総飛行時間が150時間以上、機長時間が35時間以上、野外飛行が10時間以上などがあります。その後、学科試験や口述試験、実技試験などを経て、事業用操縦士免許の取得となるのです。

このように事業用操縦士の免許を取得するには、まずは自家用操縦士の免許を取得し、その後、日本で事業用操縦士に向けて訓練を行っていくわけです。そして自家用、事業用共に、医療施設などでの検査や身体的な条件をクリアする必要があり、需要がある割には、成り手が少ない職業と言えます。ただ、一つの間違いが大きな事故に繋がるのがこの操縦士という仕事です。訓練や勉強とともに、人間性も磨いていく必要性があるのです。

関連HP|へリコプター・飛行機の操縦士免許・パイロットライセンス・機体販売:アルファーアビエィション