ヘリコプターの操縦免許

大きな空を縦横無尽に飛び回ることができるのが、ヘリコプターの大きな魅力の一つです。前にも後ろにも、そして空中で止まることもできるのです。このヘリコプター特有の動きは、ヘリコプターに働く4つの力のバランスを利用して可能となるものです。このバランスを自由に操るには、熟練の技が必要となります。

ヘリコプターヘリコプターを操縦するには、自動車と同様に免許が必要となります。そして、ヘリコプターにも、プライベートのみで適用される自家用操縦士免許と、ドクターヘリや遊覧飛行など仕事として操縦できる事業用操縦士免許があり、これも自動車で言うところの第一種と第二種ということになります。ヘリコプターのこれらの免許を取得するには、国内で訓練を行い免許を取得するものと、海外で訓練を行い、その後日本でその免許を書き換えるものがあります。ただ、この海外での免許ですが、書き換えが可能なのは自家用のもののみで、事業用は不可となっています。

自家用操縦士免許を取得するには、一般的にアメリカなどの海外で取得後、日本で書き換えということになります。もちろん、法律が違いますので、日本での法規の試験を受けなければいけません。事業用操縦士免許の場合は、自動車の第二種と同じで、まずは第一種に当たる自家用操縦士免許が必要となります。この免許を持った上で、さらに事業用の試験を受けるわけです。このサイトは、こうしたヘリコプターの免許取得方法について説明します。